トップページ > オーダースーツ > ハイテクオーダー > オーダースーツが出来上がるまで




ハイテクオーダースーツ                                  パターンオーダーはこちら

オーダースーツのエフワン「年間10万着ご愛用いただいてる信頼のブランド」
オーダースーツが出来上がるまで(プロセス)



@採寸 Aデータの反映 B裁断 C縫製 D仕上・検査 E検査・出荷 F納品

@採寸 〈型紙データの作成〉


当店ではまずスタイルやデザイン、生地見本から素材を選んでいただき、お客様がどのようなスーツを希望されるのかじっくりとカウンセリングします。




そして、希望されるスーツのデザイン性や流行性を考慮しながら(お客様の好みなどをふまえて)実寸採寸をし、基本体型寸法を出した後、体型観察を行い受注データを完成させます。





@採寸 Aデータの反映 B裁断 C縫製 D仕上・検査 E検査・出荷 F納品

Aデータの反映 〈生地情報・シュミレーショングレーティング(型紙おこし)〉


個々に型紙を作るグレーティングソフトは1000万人の型紙データをシュミレーションして作りました。そのため仮縫いしなくても、洋服が身体によく合う様になりました。加工指図や電子化型紙はデータベースに登録され、バーコードで管理されています。


得意先の生地(反物)を預かっていますが、単品生産ですから1着ずつ長さが異なるので出庫が大変です。立体自動倉庫(1500色収納)を採用し、高速出し入れ(40秒以内)と省スペースが実現できました。






服地の原料として最も適している羊毛は服地への織り上げる過程の中でゆがみが生じます。このまま裁断するとゆがんだ洋服になるので、湿度と熱で伸び縮みする羊毛の性質を応用し服地からゆがみを取り除きます。







@採寸 Aデータの反映 B裁断 C縫製 D仕上・検査 E検査・出荷 F納品

B裁断 〈自動裁断NC装置(数値制御)〉





グッドヒルのソフトウェアは、ほとんど自社開発です。その中核は図形処理(CAD)ですが、25年前の設計思想は今でも斬新で、姿を替えて第一線で活躍しています。近代ネットワークバーコードを利用し、より高速・正確・便利な情報処理系を開発しました。PC配備も進んでいます。






お客様の服地は、1着ずつ裁断します。バーコードを用いてデータベースから電子化型紙を呼び出し、自動裁断機で裁断します。個別に呼び出すネットワーク方式の採用で、裁断ミスは激減し、作業効率も一段と向上しました。ズボンの部品は服地の裁断完了後、分向上に配送されます。上着はその後、裏地・芯地が裁断されます。これらの部品も全て、個別の電子化型紙になっています。







写真(右)のレーザー裁断機は、裁断室上部の鏡を回転制御して光線を移動させます。1着分の裏地裁断はわずか90秒、高熱による溶融切断なので切り口がほつれません。この他にメス式裁断機など計20台以上を導入し、各々の特徴に合わせて使い分けています。











@採寸 Aデータの反映 B裁断 C縫製 D仕上・検査 E検査・出荷 F納品

C縫製 〈上着・ベスト・パンツ(約390工程)〉


搬送ハンガーにクランプされて裁断所を出た部品は、加工指図に基づいて縫製ステーションで加工されます。上着縫製には約250もの工程を要しますが、各ステーション間は自動的に搬送されます。作業の要所は、データベースとネットワークされていて、位置ゲージを出したり、ブランドマークの画像を表示などを行います。また進捗状況も自動的にモニターされます。



ハンガー搬送システムラインではクランプの通過経路、各ステーションの状況など自動搬送内の状況が即座に把握できます。




縫製場では、多くの自動縫製機を導入しています。精密裁断された服地、自動縫製機自動搬送システムの組み合わせは、生産性向上の原動力になっています。









@採寸 Aデータの反映 B裁断 C縫製 D仕上・検査 E検査・出荷 F納品

D仕上・検査 〈プログラム制御・仕上げプレス機〉




紳士服の仕立てのよさ(着心地)は組み立て作業で決まります。








肩入れ・袖付け等豊富な経験と熟練した技術、そして諸先輩から受け継がれた基本作業と作る喜びを常に心がけて縫い上げます。












最終仕上げは個々の素材に適したプレス条件を設定し、入念に仕上げされます。











体型・寸法・デザイン等1着1着異なる服を着る人の立場に立って、最終手アイロンにより立体感のある美しいシルエットの紳士服が完成いたします。















@採寸 Aデータの反映 B裁断 C縫製 D仕上・検査 E検査・出荷 F納品

E検査・出荷 〈最終検査・各ショップへ発送〉



どんなに自動化・省力化をしても、洋服作りは人の手作業が基本です。最終検査部門では個別に表示された検査データに基づき、寸法とデザイン等を検査します。合格すると熟練した検査員が厳格な外観検品を行います。このように二重化された検査体制により、品質不良を極めて少なくしています。







最終検査に合格した上着とパンツを配送先毎に分別した後、上下を組み合わせます。この分別作業は自動仕分け機で行いますが100強の配送先へ、1000点/h以上で製品分別する能力があります。







@採寸 Aデータの反映 B裁断 C縫製 D仕上・検査 E検査・出荷 F納品

F納品 〈店頭お渡し(フィッティング)・お届け(配送)〉

商品がお店へ到着したらまず、その商品がお客様からの注文内容と合っているか再度チェックします。その後お客様へお電話またはメールにてご連絡を差し上げます。


ご本人様がご来店頂いた際には必ずフィッティング(試着)して頂き、ご要望通りの出来栄えか確認します。万が一お気に召さない場合は、補正や作り直し等で必ずお客様に満足して頂ける服作りを心がけております。


お値段にかかわらずVIP気分でお帰りいただけるよう、精心誠意、笑顔で対応させていただきます。またのお越しをスタッフ一同心より、お待ち申し上げております。