トップページ > スーツの図書室(スーツの知識辞典) > スーツのパーツ名称




スーツの辞典

スーツのパーツ名称

  パーツの部位と名称を画像で確認する方はコチラ

ジャケット
ショルダーライン
スーツのデザインによって直線的なラインや丸みを帯びたラインなどがある。見た目ではあまり変化はないが、着た時のフィット感が人によって異なる。

ゴージライン
カラー(上襟)とラペル(下襟)の縫い合わせた部分。イタリアクラシコなどのゴージラインが高めにあるデザインは高度な技術が要求される。

カラー
衿の上部分(上衿)。首にそって立ち上がり、襟腰からシャツが1p程度(襟腰の高いシャツなら2p程度)出るくらいが望ましい。

フラワーホール
もともと風よけのために襟を立てて着たときのボタンホールの名残。その後、花を挿して飾ったことからフラワーホールと呼ばれた。別名ラペルホール、返り穴、バッジホールとも呼ばれている。

アームホール
袖部を付けるために、スーツ本体(身頃)に開けられた穴のこと。袖ぐりとも言い、デザインによって深さや広さもかわってくる。

ラペル
襟の下部分(下襟)。シングルは主にノッチドラペル(写真の用に下襟の先端が下に向いている襟)、ダブルは主にピークドラペル(下襟の先端が上に向いている襟)となっているが、幅や角度、シングルにピークドラペルなどといった、個性やオリジナリティーを強調するポイントともいえる。

胸ポケット
通常は平行四辺形のような箱型のものが多いが、最近ではフネポケット(袖側のラインが斜めに外向き)やバルカポケット(船底ポケット)、アウトポケット(ジャケットなどによく用いられる)など以外と様々なデザインがある。

フロントダーツ
前身頃の胸の辺りから腰ポケットにかけて、縦に入っているつまみ縫いのこと。この部分はスーツを立体的にし、シルエットを奇麗に見せるほか、身体にフィットさせる上で最も重要な部分ともいえる。

チェンジポケット
もともとは小銭やチケットなどを入れるために考案されたポケット。今では装飾としての意味あいが強く、英国調スーツなどに多く見られるデザイン。

腰ポケット
別名サイドポケット(脇ポケット)ともいい、フラップ(ふた)は雨風をしのぐために考案された。写真はハッキングポケットといい、外側へ斜め下に向って付けられていて、なおかつチェンジポケットが付いているので、チェンジハッキングポケットという。

フロントカット
上着の前裾のカット型のことを言う。ダブルだとこの部分はスクエア(角型)になっているのが主流。その他セミスクエア(やや湾曲している角型)などがあり、シングルでセミスクエアにすると、よりドレッシーな雰囲気になる。

ベント(ベンツ)
背中の裾部に入った切れ目のこと。中央に入っているものがセンターベント、入っていないものがノーベント、写真は両サイドに切れ目が入っているサイドベンツ(複数のため「ツ」になる)、これはもともと馬に乗りやすくするために考案された。その他フックベントやボックスベントなどがある。

パンツ(スラックス)

その名の通り、パンツの裾(スソ)部分のこと。写真左がシングルで、右がダブル。ダブルは別名カフスとも呼ばれ、流行により折り返しの幅が変わる傾向がある。今は4〜5pが多く見受けられる。

ウエスマン
パンツの最上部にあたる部分。ウエストバンドがなまってこう呼ばれている。別名「帯」ともいう。シャツなどがパンツからはみ出ないように滑り止めが付いたものをマーベルトという。内側にドルポケット(小銭入れ)が付属せれているものもある。

脇ポケット
脇の縫い目を利用して付けられたポケット。通常は開口部が斜めに切れ込まれている仕様が多いが、縦になっているものやウエスタン(ジーパンによく使われる)、U型など形もさまざまである。

プリーツ
通常、タックと呼ばれている。写真は2タック。立体感を出し動きやすくなる効果がある。その他1タックやノータック、タックの向きが変わるアウトタック(動きやすい)やインタック(シルエットが崩れにくい)などもある。

ピスポケット
パンツの後ろポケットのこと。左側だけ、ボタンが付いているものが主流だが、そのディテールも様々。

フライ
コートやジャケットによく使われている比翼仕立て(フライフロント)をパンツの前開きに応用したのが呼び名の由来。

クリース
パンツの両足中央部に入れられた折り目のこと。パンツに立体感を与え、足のラインを長く奇麗に見せる効果があるため、常にビシッと折り目が付いた状態が望ましい。


  パーツの部位と名称を画像で確認する方はコチラ