トップページ > スーツの図書室(スーツの知識辞典) > スーツ生地の種類(織物・織り柄)




スーツの辞典

スーツ生地の種類(織物・織り柄)


織物の種類   織り柄の種類

サキソニー

平織りまたは綾織りメルトン仕上げをした、手触りの良い服地。
フランネル

紡毛糸を用いた平または綾織り物で、両面の起毛が特徴。一般的には「フラノ」と呼ばれていて、冬服地に多く用いられる。
ベネシアン

起毛され、仕上げがソフトでシワになりにくく、スラックスなどに多く用いられている。
バラシア

菱形状の模様で、そのほとんどがメリノ種羊毛の梳毛糸を使っている。
ギャバジン

織り目がとても細かい毛織物で、どんな色でも、やや金属的な光沢だでるのが特徴。
ダブル・プレイン

2枚の織物が重なったように見えるので、ダブルクロスとも呼ばれている。
シェットランドツィード

太い紡毛糸で織られた平織り、または綾織りの生地で、ざっくり感のある毛織物。
チェビオットツィード

スコットランド産のチェビオット種の羊毛で織った、毛羽だった堅めの毛織物。
カルゼ

堅めの紡毛を使った、うねりのはっきりした、耐久性に富む厚手の毛織物。
ポーラー

サラッとした感覚の清涼感ある夏服地で、通気性に富んだ毛織物。
ホップサック

2、3本の経糸、緯糸で斜子織りしてある。ビールの原料ホップの袋が名前の由来。
ピッケ

かまぼこ形にふくれた縦にうねりのあるのが特徴。スーツ、ベスト、または帽子などにもよく使われている毛織物。
シアサッカー

波状の凹凸を表した織物で、シワになりにくいのが特徴の毛織物。
メッシュ

網の目の粗い通気性の良い平織り生地をやや変化させた毛織物。
トロピカル

細番手の梳毛糸を粗く織り、薄地ながらサラッとして張りのある平織り地。




織物の種類   織り柄の種類

オルターネイトストライプ

パターンや色の違ったストライプが交互に置かれたもの。
チョークストライプ

かすれた感じの棒状のしまで、ペンシルストライプよりやや太めのしま糸。
ペンシルストライプ

鉛筆で引いたような細い縦じま。生地と反対色の線が多い。
シャドーストライプ

一見無地のように見えるが、光の具合によってトーンを落とした影のしまが浮かぶ。
グレンチェック

チェックの細いものや粗いものを集めた格子柄のもの。
タータンプレイド

タータンチェックとも呼ばれている。スコットランドの領主の家柄に由来している。
ウインドーペイン

窓枠の格子が名前の由来。細い1本の縦じまと横じまが交差した長方形、または正方形の柄。
シェファードチェック

スコットランドの羊飼いが着ていた服の柄。日本では「小弁慶」とも呼ばれている。
ハウンドスーツ

猟犬のハウンドドッグの歯が名前の由来。日本では「千鳥格子」とも呼ばれている。
ヘリンボーン

魚のニシンの骨が名前の由来。日本では「杉綾織り」と呼ばれている。
ダイアゴナル

斜め45度のうねりのでた綾織り柄で、フランス綾、子持ち綾などがある。
ガンクラブチェック

同色の濃淡、または色違いの2種類のチェックを組み合わせた小格子柄。
ヘヤーラインストライプ

髪の毛のように細いしま柄のことで、離れて見ると無地に見える。
シャークスキン

概観がジグザク状で鮫肌が名前の由来。これをクリアー仕上げした梳毛織物。
バースアイ

鳥の目のような小さい丸い点を並べた柄。小さな菱形の柄の中にさらに小さなドット柄が入っている。